ダニに効果がないくん煙剤

くん煙剤

くん煙剤はダニに効果がないという人は多いと思います。

効果がない理由は3つのことが関係しています。

  • 使っている時間が昼間であること
  • イエダニに対してしか効果がない
  • 成虫にしか駆除できない

以下にそれぞれについて説明をしていきます。

くん煙剤を使う時間が昼間である

ダニは夜間に活動しています。
昼間は奥に潜んでいるため煙が行き届かないことがあります。

特に布団やソファーなどには効果が薄いと思った方が良いです。

  • 深夜の時間帯にできない
  • 子供いるから使えない
  • 犬や猫などペットがいてつかえない

という方はダニ捕りマットと使って駆除しましょう。

イエダニに対してしか効果がない

くん煙剤の効果効能をみてみると「イエダニ」しか記載がありません

自宅でダニに刺された人というのは大半がツメダニです。
そのためダニのアレルギーに対しては良くてもダニ刺されにくん煙剤は不向きといえます。

イエダニは基本的にネズミに寄生しているダニのため明らかにネズミがいない家だと意味がありません。

現代社会の住環境ではネズミがいる家は相当少なくなっています。
ただし自宅でネズミをみたことがなくても、外(例えば飲食店など)から衣類について自宅にきたという可能性はあります。

成虫にしか駆除できない

ダニの成虫には効果がありますが、卵の駆除までは出来ません。
くん煙剤を使うときには複数回の使用をしなければ、卵から孵化して新たなダニが発生します。

既にダニがいるということは必ず卵があります。
ダニは2週間で孵化するため2週間おきに最低でも3回はくん煙剤をたくと効果があると思います。

ダニの駆除後は掃除が必要

前述の通りくん煙剤は生きているダニを死滅させます。
死滅後は掃除をする必要があります。

掃除をしなければダニの死骸や糞はそのままです。
アレルギー性の症状である喘息、アトピー、鼻炎などはダニの死骸や糞が原因で発症します。

特にカーペットや絨毯は洗濯できるものは洗濯を、お布団も可能なら丸洗いがおすすめです。

洗えない場合は、掃除機で時間をかけて死骸や糞を吸い取るようにしましょう。

ダニの死骸や糞の掃除を終えたら、新たに繁殖をさせないように「ダニよけシリカ」や「ダニ捕りマット」を使うと効果的です。

このページの先頭へ