職場のダニ退治

職場

職場のダニ退治には限界がある

職場やバイト先にダニがいるときには対処法がはっきりいって限られます。

職場全体を掃除できれば良いのですが、一人でやるには現実的ではありません。

まずは職場の上司に相談をすべきだと思います。

特に飲食店やアパレル、サロンなどお客様が来店するようなお店なら問題です。

すぐにでも上司や店長に報告すべきと思います。

バイト・職場内のダニ対策

バイト先や職場内にダニがいるときは、まずダニを家に持ち帰らないというのが大切です。

家に入る前にコロコロローラーなどで洋服の表面についたダニを取り除きましょう。

上着などは部屋にはいる前にパンパンと叩くようにします。

その後はベランダに干しておきます。

そして、すぐに洗濯。
ダニは水や洗剤では死なないと言われています。

そのためベランダに干して天日干させるか乾燥機にかけます。

ただし、大事な洋服は日焼けすることもあるので天日干は1時間程度を目安にしてください。

また部屋は換気とこまめに掃除をします。

ダニは繁殖力が強いのですが、湿度が低ければ繁殖しません。

加湿器の使用は可能な限り避けてください。

梅雨の時期は毎日換気をして、布団や絨毯などダニが住みやすいものは頻繁に天日干して乾燥させておきましょう。

オフィスワークの場合

オフィスワークであれば、限られた中でできる対策としては以下のことがあります。

椅子
座布団を利用し椅子と座布団の間にダニ捕りマットを設置し、コロコロを使って表面にあるダニの死骸や糞を取り除きます。

休憩室がある場合
この場合も自分専用の座布団を用意するか、既にある座布団を天日干しもしくは掃除機で吸い取ります。

この場合もダニ捕りマットを使うと生きているダニを捕獲することが出来ます。

自分のデスク周り
最低限、自分のデスク周りにダニ捕りマットを設置する。

特にオフィスビルの場合は、床が絨毯のようになっているところも少なくありません。

床材は簡単に剥げますので、その下にダニ捕りマットを設置しておくと少なくても自席周辺のダニは防げます。

ただし、これも自分の周囲だけですので、職場の上司や総務部門に相談をするのが一番良いと思います。

このページの先頭へ