車のダニ退治に薬剤はNG

車内のシート

車のダニ退治は徹底した清掃がカギ!

車内のシートなどにいるダニに薬剤を使うのはおすすめできません。

車内は密閉されているのでダニアースやバルサンなどをたくと薬が残留するからです。

特に小さいお子さんがいるご家庭や犬や猫など動物がいるご家庭では薬剤は使わない方がいいでしょう。

その他、バルサンなどの燻煙剤は家の車庫ならまだしも、外なら通報されて消防車がくるなんてことになったら笑えませんから。

車内のダニは高温にすることと徹底的な掃除で退治可能です!

車内のダニ退治の手順

  • ダニを死滅させる
  • 掃除で死骸と糞と駆除する

まずはダニを死滅させて、次に掃除でダニの死骸や糞を駆除していきます。

掃除の前にダニを死滅させることが重要です。

先にダニを死滅しないと掃除をしても、ダニの卵から新たなダニが発生となりますので。

車内のダニを死滅させる方法

ダニは高い温度に弱いため車内を高温にします。

55度以上を30~45分ほど続ければダニは死滅するためマットは車外にだして天日干をします。

車のシートは天気の良い炎天下の日に日があたる場所に長時間放置しておきましょう。

例えばスーパーの駐車場で13~15時の間に窓を閉め切って太陽の光がもろにあたればシート温度は相当熱くなります

UVカットガラスの車の場合は車内温度が上がりにくいため時間を増やしておくと良いです

忘れがちなのがエアコン。
エアコンのエバポレーターにもダニがいる可能性があります。

エバポレーター周辺は水が結露してカビや菌が原因でダニが住みやすいところの一つ。

車に詳しい方はエアコンの洗浄スプレーを使って清掃してください。分からない方はディーラーに頼めばやってくれます。

少し高いですが5,000円以内でできます。
アレルギー症状を発症する辛さと治療費を考えれば安いです。

車内のダニの死骸・糞を駆除する方法

マットは車外にだして綺麗に洗いましょう。

そこからは掃除機の出番です。
ドアを全開にあけてから掃除機をかけます。

電源がとれない、ハンディ式の掃除機がないなら延長コードを。

延長コードでも無理なら洗車コーナーにある掃除機を利用すると良いと思います。

とにかくシート一つ一つを時間をかけてゆっくり吸い出します。

ダニの死骸を取り除いたら予防としてダニ捕りマットやダニよけシリカを設置するのもおすすめです。

このページの先頭へ