顔ダニってなに?

洗顔

顔ダニとは人間のほぼすべての成人の顔の表面に寄生しているダニのことです。

「ニキビダニ」とも呼ばれています。
ダニが顔に生息していると聞くとなんだかとても気持ち悪い気がしますね。

でも、畳やじゅうたんなどに見られるダニとは少し違います。

顔ダニは皮膚の毛穴に分泌される脂肪性の皮脂成分をエサとして生息しています。

夜行性で私たちが眠っている間に活動することが知られています。

顔の表面には多くの皮脂腺が集まっていることから、顔ダニが生息しやすいといわれています。

適度な顔ダニは必要

顔ダニは完全に駆除しなければならないかというとそうではありません。

むしろ、お肌の表面の不要となった皮脂を食べて皮脂の量を調節してくれる重要な働きがあります。

顔ダニは皮脂を分解する、つまり「酸化する」という大きな役割があります。

これはお肌の表面を弱酸性に保つということになり、雑菌などによるトラブルを防いでいるのです。

つまりお肌をきれいに保つには、顔ダニの役割もとても大切です。

そのため顔ダニを除去しようと過剰に洗顔をすると、

  • お肌の乾燥を招いてニキビができやすくなる
  • お肌のトラブルを生じる

といった原因となります。

顔ダニが増えすぎるとどうなる?

石鹸

顔ダニが増えすぎると、肌がくすんだり毛穴に炎症が生じるなどの問題が生じることになります。

顔ダニを増やさないためには、顔ダニを駆除しようとするよりも毛穴の皮脂汚れを適度に洗い流すということが大切です。

1日1回の洗顔で十分といえるでしょう。
常にお肌を清潔に保ち、顔ダニと皮脂のバランスを良好に保つことを心掛けるようにしましょう。

このページの先頭へ