アレグラとは?

アレグラは、非ステロイドの抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があり、アレグラは第二世代に該当します。
第一世代抗ヒスタミン薬としては、「セレスタミン」が良く処方されます。

第一世代抗と第二世代抗の最大の違いは「眠気のおきにくさ」にあります。
セレスタミンよりもアレグラの方が眠くなりにくいということです。

第二世代の抗ヒスタミン薬にはアレグラの他にアレロックやアレジオンがあります。
眠気がおきにくくなっていますが、あくまで個人差があります。

また、セレスタミンと異なり非ステロイドです。
ダニ刺されの他に花粉症でも良く処方されるのがアレグラです。

ただアレグラは効き目が弱いと感じる人も多いようです。
全く効き目がないならアレロックやセレスタミンに変更してもらうと良いと思います。

ただ副作用のことがあるので、お医者さんに相談をしましょう。

尚、市販薬の中にもアレグラはあります。
薬局でも頻繁にみかけるのが嵐の大野くんが広告にでている久光製薬の「アレグラFX」です。

みたことがある人も多いのではないでしょうか?
尚、アレグラFXはOTC医薬品(※)と呼ばれるお薬になります。

OTC医薬品とは?
医師により処方される医療用医薬品として使用経験がある成分の中でも副作用が少なく安全性が高い成分を市販薬に転用した薬のことをいいます。

アレグラの主な成分

痒みをおさえる成分としてフェキソフェナジン塩酸塩製剤(抗ヒスタミン剤)が含まれます。
(正式名称が「フェキソフェナジン塩酸塩製剤」です)

非ステロイドのため利用しやすいお薬です。

アレグラの副作用

前述の通り抗ヒスタミン薬の中でも副作用が少ないとされています。
全くないわけではなく、従来よりも少ないだけで個人差があります。

主な副作用としては頭痛、倦怠感、眠気、吐き気になります。

従来よりも少ないですが、ゼロというわけではなく体質によるため医師または薬剤師に相談してください。

このページの先頭へ