抗ヒスタミン剤とは?

ダニ刺されを含む虫さされでは、ステロイドの他に抗ヒスタミン剤の合剤が処方されることが多くあります。

ステロイド剤は炎症をおさえる働きがあります。
一方で抗ヒスタミン剤は痒みをおさえる働きがあります。

抗ヒスタミン薬の代表的な薬

塗り薬と飲み薬の抗ヒスタミン薬を紹介します。

塗り薬(軟膏)

レスタミン、オイラックス

飲み薬(錠剤)

セレスタミン、タベジール、ポララミン

抗ヒスタミン剤の種類

抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があります。
新しいほど副作用の影響が少ないと言われ、長期間服用することが出来ます。

第一世代抗ヒスタミン薬

代表的な薬としては、レスタミン、アタラックス、ポララミンがあります。

第二世代抗ヒスタミン薬

代表的な薬としては、アレグラ、アレロック、アレジオン、クラリチン、ザイザル、ジルテック、タリオン、エバステルがあります。

抗ヒスタミンの副採用

抗ヒスタミン薬にも眠気、だるさ、喉の渇き、集中力の低下などの副作用があります。

特に第一世代のヒスタミンには眠気の副作用が強いと言われています。
第二世代など新しいものほど眠気と口の渇きは軽減されます。

第二世代でもタクシー、バスの運転手、トラックのドライバー、その他に車を運転する方は十分に気をつける必要があります。

このページの先頭へ