セレスタミンとは?

セレスタミンは、第一世代抗ヒスタミン薬とステロイドの合剤です。
湿疹や蕁麻疹、アトピー等のかゆみを抑えるときに処方されることが多い薬です。

第一世代抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が強いお薬ですし、ステロイドも含まれるため個人的には一時的(短期間)な利用に留めた方がいいのかなと思います。

お医者さんでもステロイドの扱いは難しいそうです。
そのため一番近くでみているかかりつけ医の判断のもとで利用すると良いと思います。

ダニ刺されの場合は、症状がよほど酷くなければセレスタミンは処方されないと思います。

例えば、

  • 刺された痕がじゅくじゅくしている
  • アレグラを処方され効果がないと感じた

となったときにはセレスタミンが処方されることがあるようです。

いきなりセレスタミンを処方されたときは理由を確認してみると良いかもしれません。
また、非ステロイドを希望の方もその旨を伝えるようにしましょう。

ただ「ステロイド=悪」と何となく思っている人も多いと思いますが、即効性があり短期間で症状を緩和・改善するには適しています。

セレスタミンの主な成分

セレスタミンはステロイド剤のため基本的に一時的な利用に留めてください。

炎症を抑える成分
βメサゾン(ステロイド剤)

痒みをおさえる成分
マレイン酸クロールフェニラミン(抗ヒスタミン剤)

前述の通りステロイド剤は副作用があるため使用には医師の診断の元で服用しましょう。

セレスタミンの副作用

眠気や口の渇きなどの副作用があります。
その他に、倦怠感、発熱、頭痛、抑うつ、下痢など重い副作用もあります。

重い副作用がでたときは医師に相談するようにしましょう。
また、長期間にわたって大量に利用するとニキビ、生理不順、毛深くなるなどの副作用もあります。

効果がないなどの理由から指示のあった容量以上を飲むことは危険です。

ステロイド剤の副作用については「ステロイドの強さ」も参考にしてください。

このページの先頭へ