デルモベート軟膏とは?

デルモベート軟膏はステロイドの塗り薬で炎症をおさえる働きがあります。

ステロイドは5段階の強さがあり、デルモベート軟膏はステロイド剤の中で最強の強さとされる塗り薬です。

効能も強い作用が期待できますが、副作用も強くあります。
副作用は後述しますが、長期の利用と広範囲に塗る(大量利用)ことはリスクがあります。

必ず医師の診察のもとで利用することをおすすめします。
処方されるケースとしては短期間で治す(状態を良くする)ということが考えられます。

副作用が強いですが軟膏であることと短期間ですぐに症状をおさえるときには適していると思います。

ただダニ刺されなどの虫刺されでは重症でなければ処方されないはずです。
処方された場合は診察した医師の話と薬剤師から注意点をよく聞いておくようにしましょう。

病院で処方されてから後日、新たにダニに刺されて炎症や痒みがおきたからと言って使うことは危険です。

医師はその時に診察した結果(ダニ刺されの状態)で薬を処方しています。
もしも新たにダニに刺されたなら再診察を受けて薬を処方してもらいましょう。

デルモベート軟膏の主な成分

炎症をおさえる成分としてクロベタゾールプロピオン酸エステルが主な成分になります。

マイザー軟膏と同じ分類としてデルスパート軟膏、マイアロン軟膏、マハディ軟膏などのジェネリック医薬品もあります。

デルモベート軟膏の副作用

ステロイドの中でも最強に位置するため長期利用は控えましょう。
強い副作用があらわれる可能性があるので、医師の指示に従って使用してください。

主な副作用として、皮膚萎縮(皮膚が薄くなります)や皮膚炎、発疹、かゆみなどがあります。

長期にわたって大量に利用をすると頭痛、高血圧、緑内障、感染症などの副作用がでることもあります。

顔は皮膚が薄いため使用できませんので、ご注意ください。

このページの先頭へ