ダニの死骸と糞の影響

掃除セット

ダニの増殖を抑えるとダニ刺されは防げます。
しかし、死骸や糞からアレルギー性の病気になることがあります。

そのためダニの死骸や糞を除去した上で繁殖を防ぐことが大切です。

以下にダニの死骸や糞を綺麗さっぱり除去する方法の要点をまとめています。

ダニの死骸と糞を除去する方法

布団の丸洗いor布団の買い替え
完璧にダニの死骸や糞を取るなら布団の買い替えです。

買い換える場合は繊維の目が細かい羽毛布団がおすすめ!
繊維が細かいためダニが布団の奥に入りこむことが出来ません。

買い替えなしで布団ダニの死骸や糞を除去する方法

布団は丸洗いをして死骸や糞を除去しましょう。
生きているダニを死滅させたら死骸や糞を除去させるため布団の丸洗いをしましょう。

尚、生きているダニの退治方法は「布団のダニ退治方法」をご覧ください。

布団の丸洗いは金額としては1万円ぐらいが相場です。
安い布団なら購入することが出来ますがペラペラな布団になるので気をつけてください。

フレスコというところで丸洗いができます。
コインランドリーだと安くできるので経済的ですよ。

丸洗いができないときはダニ捕りマット+掃除機+天日干しをしましょう。

  • ダニ捕りシートで生きているダニを取り除く(1~2週間程度)
  • 掃除機で表面についたダニの死骸や糞を綺麗にする

この方法だとある程度のダニは除去できます。
ただし、繊維の奥にはいった糞や死骸までは綺麗に出来ません。

尚、布団を強く叩くとダニの死骸や糞が奥まで入り除去どころか悪化させることになりますので注意してください。

ぬいぐるみは丸洗いをする
まずは天日干しをさせるかスチームアイロンで生きているダニを死滅させます。
その後は洗濯機もしくは手洗いで洗ってダニの死骸や糞を綺麗に取りましょう。

ソファーは使わない
ソファーは丸洗いができないため死骸や糞までは取り除けません。

掃除機でソファーの表面についた死骸や糞は取れても奥に入った死骸や糞は除去できないため処分するのが望ましいといえます。

カーペットや畳の天日干し
カーペットや畳は掃除機で綺麗にしましょう。
特に畳は奥まで入り込んでいるため同じ箇所に長時間(30~40秒ほど)あてると良いですよ。

布団と同様に一度死滅させてから掃除機で吸うと死骸も成虫も綺麗にできます。

部屋の大掃除
ダニに刺されたときは、どこで刺されたかが分かりにくいものです。
そのため部屋を大掃除するようにしましょう。

タンス、冷蔵庫や家具の裏側や隙間、ベッドの下など年末の大掃除のつもりで行う必要があります。

状況によってはハウスクリーニングも検討すると良いでしょう。
相場は部屋の広さ、時間、プロへの依頼で変わります。

部屋の間取り 価格の相場
1R/1K 20,000~50,000円
1LDK~2LDK 40,000~80,000円
3LDK~4LDK 60,000~120,000円
5LDK 100,000円~

可能な限り安くするなら相見積を取るようにしましょう。
また、掃除のプロではなくセミプロでも良いという場合は家事代行も良いと思います。

家事代行のSwippなら1時間2,000円で家事の代行を依頼できます。

このページの先頭へ