ダニの繁殖を防ぐための対策方法

掃除機

加湿器には健康に対してメリットが多くあることはあなたもご存知ととおりです。

ダニの繁殖を防ぐためには掃除と換気です。

ダニの繁殖は部屋のいたるところで起きます。
部屋、布団、ぬいぐるみ、ソファーなど各場所における掃除のコツを紹介します。

自宅にいるダニの繁殖を防ぐ方法

以下に自宅にいるダニの繁殖を防ぐ要点をまとめています。

部屋の風通しを良くする
ダニは高温多湿の環境で繁殖します。

湿気がこもらないようにするために、

  • 窓を開けて換気を良くする
  • 梅雨には除湿機を使う
  • 暖房の使用は極力控える
  • 加湿器の使用は極力控える

ようにすることが大切です。

換気は毎日最低でも1回は行うようにすることが必要です。
秋以降はダニの繁殖は少なくなりますが、暖房+加湿器の環境では繁殖します。

ぬいぐるみは処分する
可能であればぬいぐるみは処分することが望ましいです。
ただ思い出のものやお子さんの場合は難しいと思います。

そのため洗濯をするようにしましょう。
洗濯をするときは洗っても大丈夫であるか確認をしてください。

洗濯機で洗うと痛むため洗濯ネットをかけて傷まないようにしましょう。

手洗いなら傷めずに洗えます

ソファーは使わない
布・織物・綿製のソファーは布団と同じくダニが増える場所です。

ソファーは洗うことも難しい上に、掃除機では表面しか掃除できないため対処方法がありません。

どうしてもソファーが必要な場合は、革やビニール製のソファーを使うようにしましょう。

布団は定期的に天日干し
ダニが発生しやすく、刺されやすい場所が布団です。
布団はできるかぎり毎日干すのが望ましいといえます。

毎日干すことが出来ない場合はダニ捕りシートを活用してください。

布団の天日干しは気温の低い冬は意味がありません。
夏でも完璧に予防するなら可能であればコインランドリーで丸洗いが望ましいです。

畳・カーペットの定期的な掃除
畳やカーペット、絨毯もダニが繁殖しやすい場所です。
畳は天日干し、カーペットや絨毯は洗えるものは洗うようにしましょう。

特にダニが繁殖する梅雨~夏にかけては定期的に洗いたいですね。
難しい場合は布団と同じようにダニ捕りマットが活躍してくれます。

隅々まで掃除をする
掃除機で可能な限り掃除をしましょう。
特にタンスやベッドの下などはついつい今度でいっかとなります。

隅々まで掃除をすることでダニの繁殖を防げます。

掃除機は、

  • 細かい埃も吸い取るタイプ
  • 循環式のの掃除機

がおすすめです。
最低でも週に1回は掃除機をかけるようにしましょう。

掃除機をかけるときには十分に換気をしておこなってください。
また、お子さんやペットは掃除をしている場所から離しておくといいですよ。

ダニの繁殖を防ぐ有効な手段

  • 毎日の掃除、布団の天日干しができない
  • 細かい部分まで掃除をする手間が面倒
  • 乾燥するから加湿器は手放せない

という方はダニの繁殖を防ぐために「ダニ捕りマット」がおすすめです。

2~3ヶ月間は効果があるため、布団・カーペット、子供部屋、掃除のしにくい車内などで活躍してくれます。

このページの先頭へ